虫歯、ホワイトニング、クリーニングは、福岡市中央区赤坂のけやき通りにある大熊歯科にお任せください。

一般歯科 小児歯科  大熊歯科 福岡・けやき通りに面した安心できる歯科です。
メニュー
トップページ
院内紹介
診察内容
スタッフ紹介
リンク集
お問い合わせ
Doctor'sコラム


歯を白く輝かせるホワイトニングについて

歯の本来の白さを取り戻すクリーニングについて
記事検索

新着記事
カテゴリ
過去ログ

大熊歯科の院長、大熊一稔が発信する院内情報。
休診日、マスコミ履歴、キャンペーン情報、歯に関するコラムで構成。
お口の中の大切なことを、大熊院長ならではの視点で分かり易く解説していきます。


ハブラシでは磨きづらいところどうする?

Big Bear News −大熊歯科通信−

前歯より奥歯、奥歯の中でも第三大臼歯・・・と、虫歯のできやすい歯が
あるのは本当ですが、それ以上に知ってほしいのは、歯のどの部分に
できやすいかということです。

奥歯のかみあわせ面、前歯では歯の先端よりも根っこに近い部分
隣り合った歯と歯の間、そして唾液によって洗われることが少ない前歯の外側
などが虫歯ができやすい部分です。

そう、毎日キレイにハミガキしていても、ハブラシでは届かないところや
磨きづらいところが実はあるのです。

前歯の裏のくぼんだところ、
歯と歯の間、奥歯の溝、奥歯の裏など。
このようなところはハブラシだけでのお掃除では汚れをすべて取り去ることはできません。

放っておくとそこからムシ歯や、歯ぐきの腫れが・・・。
ではどうしたらいいのでしょう?

ひらめき歯と歯の間はフロスや歯間ブラシを使ってお掃除しましょう♪

brush1.jpg
「でもフロスの使い方って難しそう・・・」
そんなあなたにオススメなのは、

 『ウルトラフロス』

しっかり持てる形状と、糸にわずかな「たわみ」があることで、歯に添いやすく汚れを効率的に除去できます♪ また、水で洗って繰り返し使用できます。


ひらめき歯の付け根の隙間が空いている方、ブリッジが入っている方、インプラント周囲は
brush2.jpg

 『歯間ブラシ』

の使用をオススメします。
歯間ブラシは歯と歯の隙間の大きさに合ったサイズを選びます。歯と歯の間だけでなく、奥歯の奥やブリッジの下、矯正装置の周囲のお掃除にも♪ 水で洗って繰り返し使用できます。


ひらめき奥歯の溝や前歯の裏のくぼみは

brush3.jpg
 『ワンタフトブラシ』

を使うと磨きやすいですよ♪

毛束がひとつのブラシで、奥歯の溝のようなでこぼこした面や、永久歯への生え換わり中のお子様の仕上げ磨き、矯正装置の周囲、奥歯の奥、歯並びの悪いところにも届きやすいブラシです♪ 固さも2種類あります。


虫歯や歯周病の原因を取り去って、お口の中をピカピカにしましょう。

kuma.jpg
<ちょっと一言>
ハミガキの後は洗口剤でぶくぶくされると、さらにお口の中の細菌除去に効果的です♪
「どの清掃道具がいいかな?」
「どうやって使ったらいいのかな?」
など、気になることがありましたら、お気軽にスタッフまでお声かけ下さい♪
みなさんのお口の状態に合わせてオススメのハブラシもお答えします♪


posted by 大熊 at 2010年11月04日08:41 | Big Bear News −大熊歯科通信−